探す ナビゲーション

【厳選】おすすめのYouTube動画録画ソフトウェア

松枝 美佐子 動画録画

YouTube(ユーチューブ)とは、Google LLCが提供する世界最大の動画共有サービスです。YouTubeでは、世界中の人々が見ているものを視聴し、自分が作成したコンテンツを他人と共有できます。で、誰でもYouTubeからお好きな動画、ライブなどをダウンロードして保存したいと思ったことがありますよね。でも、すべてのYouTube動画をダウンロードできるわけではないです。実は、YouTube動画を録画するツールに任せば、YouTube動画やYouTubeライブなどを視聴しながら、YouTube動画の再生画面を録画して動画に出力できます。

本文では、WindowsまたはMacで動作できる、YouTube動画を録画して保存できるYouTube動画録画ソフトウェアをご紹介いたします。

コンテンツ 
Youtubeビデオ キャプチャ

Top 1:Vidmore スクリーンレコーダー

Vidmore スクリーンレコーダーはWindows 10/8.1/8/7/Vista/XP、Macで動作できる画面録画ソフトウェアなので、YouTube動画を録画して保存する時におすすめします。

VidmoreスクリーンレコーダーVidmore スクリーンレコーダー

  • デスクトップ全体または指定領域内で表示されているストリーミング動画、アニメ、ドラマ、ゲームプレイ動画、ウェブカメラなどを音声付きでキャプチャー
  • パソコンの再生音、マイクから入力される音声のいずれかまたは両方を録音
  • 画面キャプチャー中に、マウスクリックとマウス領域の動き、動作を録画可能で、リアルタイムにテキストや数字、線、矢印などを挿入できる
  • 録画するファイルのビデオフォーマット、品質、フレームレートなどを設定可能
  • スクリーンキャプチャー機能を搭載するので、画面全体または特定ウィンドウのスクショを撮れる
  • 録画・録音したファイルを確認し、クリップできる
  • 開始時間や終了時間を設定しておけば、見られなくなるライブ放送を録画する予約機能を充実

YouTube動画を録画する方法

このユーチューブ録画を無料ダウンロード・インストールして、YouTube動画を録画する方法をご紹介いたしましょう。

ステップ 1:YouTube録画を立ち上げると、「動画レコーダー」、「音声レコーダー」、「スクリーンキャプチャー」などのオプションが表示されます。

Vidmoreスクリーンレコーダー

ステップ 2:YouTube公式サイトにアクセスして、録画したいYouTube動画の再生ページを開きます。そして、YouTube録画にある「動画レコーダー」を選択して、録画範囲やシステム音、マイク音などを設定して、「REC」ボタンをクリックして、YouTube動画をPCで録画し始めます。

録画エリアを選択

ステップ 3:録画が終わったら、左側の停止ボタンをクリックして、ユーチューブ動画の録画を停止できます。そして、表示されるプレビューウィンドウでは、録画されたユーチューブ動画を再生して確認できます。YouTube映像の録画ファイルの画質や音質に問題がなければ、「ビデオを保存」ボタンをクリックして、録画されたYouTube動画をパソコンにダウンロード・保存できます。

ネットフリックスビデオの録画ファイルを保存

このYouTube録画では、YouTubeの音楽を録音して保存することもできます。他に、パソコンに映っているゲームプレイ、パソコンでプレイしているオンラインゲームなどを録画保存できます。それに、YouTube生放送を録画する場合、パソコンのそばにいなくても、開始時間や終了時間を設定して、タイムリーに録画してくれますので、お好きなYouTubeライブを見逃さなくて保存できます。

Top 2:Windows 10標準のGame DVR(ゲームバー)

Windows 10を利用する場合、特別なソフトやアプリをインストールすることなく、Windows 10に標準搭載するGame DVR(ゲームバー)を使ってYouTube動画を最大4時間まで録画保存できます。でも、Game DVR(ゲームバー)では、デスクトップ画面を録画したり、画面の任意の一部を録画したりすることができないので、ご注意ください。

Windows + Gキーを同時押して、Game DVR(ゲームバー)を呼び出して、「ゲームバーを開きますか?」という通知画面にある「はい、これをゲームとして記憶します。」にチェックを入れて、ゲームバーのメイン画面に入れます。そして、録画ボタンをクリックして、YouTube動画を録画し始めます。

Windows 10標準のGame DVR(ゲームバー)

Top 3:QuickTime Player

QuickTime PlayerはmacOSに標準で搭載されているメディアプレーヤーで、Macでビデオやオーディオファイルなどを再生することができます。それに、QuickTime Playerは画面録画ソフトウェアとして、動画や音声の録画・録音、編集、共有することに対応できます。MacでYouTubeを録画したいなら、QuickTime Playerをお試しください。

具体的に、QuickTime Playerを起動して、上部メニューにある「ファイル」から「新規画面収録」をクリックして、画面収録ウィンドウを開いて、赤い録画ボタンをクリックして、Macで再生中のYouTube動画を録画し始めます。

QuickTime Player

Top 4:Bandicam

Bandicamは高画質・高性能な動画キャプチャーソフトウェアで、パソコンのデスクトップ画面の動き、ブラウズ上のゲームやストリーミング動画、Webカメラ、コンシューマーゲーム、スマートフォンなど外部デバイスの画面をキャプチャーして保存できます。パソコンにインストールしたブラウザでユーチューブ動画を再生しながら、YouTube動画を録画してくれますので、YouTubeの録画におすすめします。

このYouTube録画は画面録画モード、ゲーム録画モード、デバイス録画モードの3つのモードを提供してくれますので、必要に応じて、適当な録画モードを選択して、動画やゲームなどを録画保存できます。また、YouTube動画をAVI、MP4形式で保存できて、YouTube動画のスクショを撮って、BMP、PNG、JPGで保存できます。他に、リアルタイムに線や絵、テキストなどを挿入し、PCの音やマイクからの音を同時録音可能で、テレワークに欠かせないビデオ会議の録画や録画中にメモを残すのは便利です。

Bandicam

Top 5:AG-デスクトップレコーダー

AG-デスクトップレコーダーはオリジナルコーデックのAGM形式でパソコン画面をキャプチャーできるデスクトップ録画ソフトウェアです。それに、デスクトップ全体だけでなく、指定領域画面の録画に対応し、AGMの他に、WMV、AVI、MP4形式で画面を録画して出力可能です。他に、マウスカーソルの有無、最大録画時間、出力サイズ、バッファリングサイズなどを設定し、録画開始時刻を指定して予約録画などができます。

AG-デスクトップレコーダー

Top 6:CamStudio

CamStudioはデスクトップ全体や指定した領域内で表示されている動作風景をキャプチャーして、AVI/MP4/SWF形式の動画ファイルとして保存できる動画キャプチャーソフトウェアなので、YouTube録画時にも使えます。特に、この画面キャプチャーでは、録画したYouTube動画を任意のコーデックで圧縮し、録画ファイルに注釈、キャプションなどの合成することができます。CamStudioを使ったYouTube録画方法について、CamStudioのメニューバーにある「領域」からキャプチャーしたいYouTube動画画面を指定するだけでYouTube動画の録画が始まりますので、使い方がシンプルです。もっと詳しく設定したいなら、「オプション」からビデオ設定や音声設定などを行えます。でも、CamStudioはデフォルトの状態で日本語に非対応なので、英語に苦手な方なら、日本語化にする必要があります。

CamStudio

Top 7:Vidmore オンラインフリー画面レコーダー

Vidmore オンラインフリー画面レコーダーはフリーオンライン画面録画サービスで、WindowsやMacを問わずに、完全無料でパソコン上の映像、音声、ゲームプレイ画面、ウェブカメラなどをキャプチャーして動画に出力保存できます。このオンライン画面録画を使うと、パソコンにインストールしたブラウザからYouTubeにアクセスして、お好きなYouTube動画を視聴しながら、YouTube動画の再生画面を録画してWMV(WMP9、H.264)動画ファイルで保存できます。

このYouTube録画オンラインサイトでは、YouTubeみたいなストリーミング動画だけでなく、指定した領域内で表示されているコンテンツを録画したり、アプリケーションウィンドウを単位で録画したり、ブラウザタブを記録したりすることができます。

Vidmore オンラインフリー画面レコーダー

iPhoneやAndroidでYouTube動画を録画

iPhoneやiPad、Androidスマホ・タブレットでユーチューブの動画を録画したいなら、下記で紹介するユーチューブ動画の録画方法をご参考ください。

1、iPhone、iPadでYouTube動画を録画する方法

iOS 11及びそれ以降のiPhone、iPadでは、YouTube動画を録画して保存したいなら、標準搭載する「画面収録」機能でユーチューブ動画やYouTubeライブなどを録画保存できます。

その使い方について、まずは、iPhoneのホームにある「設定」>「コントロールセンター」>「コントロールをカスタマイズ」(iOS 14以降では、「コントロールを追加」)>「画面収録」の順に選択して、画面収録の左横にある+アイコンをタップして、画面収録をコントロールセンターに追加します。次、iPhoneからYouTubeアプリを起動して、録画したいYouTube動画の再生画面を開いて、iPhone画面をスワイプしてコントロールセンターを開いて、画面収録アイコン>マイク>「収録を開始」の順にタップして、YouTube動画をiPhoneで録画し始めます。録画が完了後、コントロールセンターを開いて、赤い録画ボタンをタップしてYouTubeの録画を停止させられます。

iPhoneでYouTube動画を録画

2、AndroidでYouTube動画を録画する方法

Androidスマホ・タブレットでYouTube動画を録画して保存したいなら、Android OS対応の画面録画アプリまたはAndroid端末に内蔵されている画面録画機能を使うことができます。下記では、Android OS対応のAZスクリーンレコーダーを使って、YouTube動画を録画する方法をご紹介いたします。

具体的に、Android端末にAZスクリーンレコーダーをダウンロード・インストールします。そして、YouTube動画の再生画面を開いて、AZスクリーンレコーダーを起動してコントローラーから録画ボタンをタップして、AndroidでYouTube動画を録画し始めます。そして、Android端末を上から下へスワイプして、通知領域を開いて、YouTube動画の録画を一時停止・停止することができます。

AZスクリーンレコーダーを使ってYouTube動画をAndroidに録画保存

以上は、YouTube動画録画ソフトウェアのランキングやiPhone、AndroidでYouTube動画を録画する方法のご紹介でした。今後、お好きなYouTube動画やライブをオフライン環境でゆっくりと繰り返して視聴したいなら、YouTube録画をお試しください。

VidmoreはCookieを使用して、当社のWebサイトで最高の体験をお届けします。 もっと詳しく知る とった